肌の色がフラッシュ脱毛の効果を左右する

肌の色を白く保つ

フラッシュ脱毛の加熱方法は毛が導線となることを前述しましたが(参考:保湿と脱毛効果の関係)、もう少し詳しく説明すると、毛のメラニン色素に光の熱を反応させることで毛が抜けていく仕組みです。

 

つまり、色の黒いメラニン色素に反応し、熱が伝わるのです。

 

このため、皮膚の色が黒い場合は、メラニン色素と肌の色との色相差が小さくなるので、施術レベルを下げないとお肌にダメージを与え危険が生じます。

 

しかしながら、施術レベルを下げると言うことは毛そのものへの効果も半減してしまいます。脱毛サロンに通っている間は、日焼けをしないで下さいといわれるのはこうした理由があるからです。なるべく皮膚を白く、毛の色を黒くしておくことが、効果的な脱毛の施術を受けるためのポイントです。

 

日焼けは肌の水分量を減らしてしまう

 

肌の乾燥がフラッシュ脱毛の効果を下げてしまうのはコチラのページでも解説しましたが、日焼けは「肌が焼けどしている状態」ですよね。

 

夏場に一気に日焼けをしてしまった人は分ると思いますが、化粧水などで十分に肌を冷やして保湿をしないと、日焼け後の肌はカサカサに粉を拭いたような状態になりますよね。これは著しく肌の水分が失われてしまったから起こることです。

 

日焼けの原因となる紫外線は、お肌のエイジングとも密接な関係があるので、夏場だけではなく年間を通してUVケアには注意を払ってください。

 

日焼けした肌はムダ毛と肌の色相差が少なくなるので、脱毛効果が減少。しかも肌の乾燥も招くので、夏場は特に注意が必要!美肌をゲットするにはUVケアは必須です。

 

人気記事ランキング
管理人の経験を元にオススメのサロンをランキングにしました。あなたが知ってるサロンは何位?
フラッシュ脱毛の効果をググっと高める為にゼッタイ外せない3つのポイントを解説!
最知らずにやってるムダ毛処理。実は危険なNG処理方法だって知ってました?

このページの先頭へ戻る