毛を「抜く」処理は最も危険な脱毛法?

自宅でのムダ毛処理。
多くの方が、カミソリで剃るか毛抜きで抜くという方法をとっているのではないでしょうか。

 

やはりカミソリや毛抜きなら非常にリーズナブルですし、自分のムダ毛が気になったタイミングで処理をすることができます。

 

しかし、やはり自己処理では肌トラブルがつきもの。
ムダ毛の自己処理、特に毛抜きで抜くということは、実は想像以上に肌へ負担をかけているのです。

 

抜いても抜いても生えてくるのはなぜ?

 

毛抜きでムダ毛を抜くと、カミソリで剃るよりも遥かに強い痛みを感じます。
カミソリは表面に出ているムダ毛をなくすものであり、毛抜きは根元から無理やり引っこ抜くのですから、やはり痛みを感じて当然です。

 

毛抜きで処理する理由として、毛根からごっそり毛が抜けるから、ムダ毛の生えてくるスピードも遅いし…という理由もあるかもしれません。

 

しかし、毛抜きでムダ毛を抜くと、本当に根元からムダ毛がしっかりと抜けているのでしょうか?

 

実は、毛が生えている部分というのは「毛乳頭」という根っこの部分があるのですが、ここから毛が成長するための栄養を運んでいきます。

 

毛抜きでムダ毛を引っこ抜く際には、この毛乳頭は残り、それ以外の成長した部分だけが引き抜かれるのです。それゆえ、毛の司令塔である毛乳頭がある限り、ムダ毛は成長し続けてしまうというわけです。

 

トラブル続出・毛を「抜く」という行為

 

また、ムダ毛を抜くとよく起こる肌トラブル。
埋没毛・ブツブツとした鳥肌のような表面・出血など、頭を抱えるようなトラブルが非常に多く見られます。

 

ムダ毛処理のトラブルとして最も多い埋没毛は、ほぼ毛抜きやカミソリでの処理が原因だと言われています。
埋没毛とは、その名の通りムダ毛が皮膚に埋まってしまっている状態のこと。

 

無理やり毛抜きで毛を抜くことで皮膚が炎症を起こしたり、引き抜いた後にできる穴を皮膚が修復しようとする働きがあります。
これによって、次の毛が生える出口をふさぐために埋没毛が起こってしまうのです。

 

次に成長した毛は、出口がふさがれているためにどれだけ成長しても皮膚表面には出ることができず、これが皮膚表面にうっすら透けて見えるため黒くボツボツとした見た目になるのです。

 

また、無理やり毛穴を広げてしまったためにブツブツとした鳥肌のような突起が肌表面に現れることも。

 

毛を抜くということは、どれだけ気をつけていてもこれだけの肌トラブルを引き起こしかねないのです。

 

毛抜きでの処理は「埋没毛・ブツブツ毛穴・肌荒れ」の原因に。埋没毛は酷くなると手術が必要になるケースも有り。ゼッタイに毛を抜く処理だけは止める事。

 

人気記事ランキング
管理人の経験を元にオススメのサロンをランキングにしました。あなたが知ってるサロンは何位?
フラッシュ脱毛の効果をググっと高める為にゼッタイ外せない3つのポイントを解説!
最知らずにやってるムダ毛処理。実は危険なNG処理方法だって知ってました?

このページの先頭へ戻る